趣味のカメラで視線が変わった

僕の名前は、ジョージって言います。れっきとした純日本人ですよ。両親も生粋の日本人で、父は江戸っ子ですし。
ちなみに、ジョージは譲治って、ちゃんと漢字で書きますから。

仕事は広告関係の会社で働いていて企画をやってます。平塚にある実家から品川まで、通っているんですよ。家族は両親と兄が一人の4人暮らし。平凡なサラリーマン家庭で、母以外はみな勤め人なんです。母は書道教室を開いています。

僕自身、仕事は今年10年目で、まぁ中堅からベテランにさしかかってきているところかな。
現在、彼女はいますけど、結婚?どうでしょうか、まだ、わかりません。

そんな僕の趣味は、写真です。まだ、はじめてから3年くらいなんで、それほどカメラに詳しいわけじゃないんですが、街中の何気ない風景をどう印象的に、また、きれいに撮るかってことに夢中になってます。

 

以前はスマホでしか写真なんて撮ったことなかったけど、新たにデジタルの一眼レフを買って、本格的に写真を撮るようになるといちいちこだわってしまうんですよ。それに写真をやるようになってから、ものを見る視点とかもスゴく意識するようになりました。何だろう?自分なら、こう見る、みたいな感じです。そんな僕ですけど、これから、日常のことをだらだら書いていこうと思うので、宜しくです。